歯並び相談室

皆様こんにちは!Dr.コウこと大松矯正歯科院長 高 大松(コウ ダイマツ)です。歯並びに関する疑問がございましたらお気軽にお聞かせ下さい!

歯並びの基礎知識

矯正治療の開始時期は?

矯正治療の開始時期は患者さまによってそれぞれ異なります。

子供の場合症状、あごの発育具合、歯の生え変わり時期によって開始時期は異なります。 子供の場合は二段階に治療を分ける場合があります。

第一期治療:混合歯列期(乳歯と永久歯が混合/早期治療、予防矯正)

第二期治療:永久歯列期完成後 永久歯が萌えて来た時点で(5~6歳位)現状を確認し、すぐに治療を開始する場合もあれば乳歯が全部抜けて永久歯になるまで待ってから行う場合もあります。

そ の見極めは、将来的にこの時期に悪いところを取り除いておかないと症状が悪化してしまうケースや早い時期に矯正治療を行っておけば永久歯列で本格的な矯正 治療を回避できる様な場合です。 患者さま(お子様)によっては矯正治療の期間を最短にするため、治療開始時期を良く見極める必要があります。

ま た、子供の時期に矯正治療をして一時的に綺麗な歯並びを獲得しても、成長につれそれが崩れたりする事もあります。 矯正治療の最終目的は綺麗な歯並びはもちろん、良く噛めて、良い発音ができて、ブラッシングがしやすく、いつまでもご自分の歯でお食事ができ、素敵なスマ イルを大人になってからも維持することです。

そのために、早い時期から矯正治療を始めた方が良い場合もあれば、そうでない場合もあります。 大人の場合いつでも開始します。ただし、重篤な歯周病や全身疾患がある場合には治療を見合わせることもあります。

矯正治療は年齢に関係なく年配の方でも歯周病等がコントロールされていれば問題なく出来ますのでご心配はいりません。 大人の患者さまはQOL(Quality of Life/生活の質の向上)向上のための医療ですから、いつ始めても遅いことはありません。

矯正治療の開始時期 ~子供の場合~

日学歯 正常咬合 乳歯列.jpg

子供は成長期にあり骨の発達や乳歯から永久歯に生え変わる時期でもあります。

 子供の場合、矯正治療は、永久歯が生えそろった時期に行うのが効率的で一般的です。 特に上下の前歯が出揃った時期が最初の矯正開始適齢期になります。

しかし、乳歯列期に改善できたであろう骨格の異常などが放置され固定してしまい、治療に大幅な制約が生じてしまうこともあるため、一度、早い時期に専門医に見てもらうとよいでしょう。

日本矯正歯科学会やアメリカ矯正歯科学会では7歳までに専門医に診てもらうことを薦めています。7歳頃というのがちょうど上下の前歯が出揃う時期でもあります。

矯正治療の開始時期 ~生まれる前~

指しゃぶり.jpgお母さんのお腹の中にいる時の赤ちゃんは無菌状態ですから、もちろん虫歯菌も存在しません。

分娩時に初めて産道や表に出て色々な菌がお口に入って来ます。 虫歯菌のほとんどは母親から感染して行きます。 ですから出産前に、口の中の細菌を少なくすることが重要です。

出産前に口の中のクリーニングをすることをお薦めしています。 お腹にいる時から指しゃぶりをしている胎児もいるみたいです。

矯正治療の開始時期 ~乳歯萌出期(0~3歳)~

乳歯が生え始める時期です。

 この時期に両親から口移しでお食事をすると、大人の持っているお口の細菌が子供に移行して行きます。それが常在菌としてお口の中に居座るようになります。

細菌はある一定の量以上に繁殖しないと病気として症状は現れませんので、お子さんの口腔内環境を整えて(プラークコントロール・規則正しい生活)お父様・お母様の口腔内を清潔に保つことをお勧めします。

矯正治療の開始時期 ~乳歯列期(3~6歳)~

乳歯が生え揃い、永久歯が顔を出すまでの期間です。 通常、乳歯列には歯と歯の間にすき間が存在しています。 これを発育空隙、霊長空隙と呼びます。 このすき間があるおかげで、将来永久歯が萌出するべきスペースが確保され不正咬合を予防しています。

 しかし、このすき間が無いお子さんもいらっしゃいます。 すき間が少しも無く一見キレイな歯並びをしていますが、将来的に永久歯が萌出できるスペースがなくガタツキの一因となります。

ま た、この時期に虫歯が多発すると乳歯歯冠が崩壊して本来の大きさ(幅)が失われたり、早期の喪失につながります。 永久歯萌出のスペースを確保する役目の乳歯が早く抜けてしまったり、歯が欠けてしまうと後方永久歯(特に第一大臼歯)が前方に移動してスペースを消費して しまいます。

そのため、永久前歯と第一大臼歯の萌出後にでてくる側方歯(犬歯、小臼歯)の萌出スペースが無く八重歯等の叢生(ガタツキ)の 原因になります。 ですから、どうせ乳歯は抜けて後から永久歯が生えてくるからと言っておざなりにしていると、永久歯列で大きな問題が生じて来ます。

 

 

9-9-08-07.jpg

上の図は側方歯(犬歯、第一小臼歯、第二小臼歯)とそれに対応する乳歯/乳歯乳犬歯、第一乳臼歯(D)、第二乳臼歯(E)の大きさを表しています。

通常この部位(片側3本)での永久歯は入れ替わる前の乳歯の方が大きい横幅を持ち合わせています。部位によって対応する永久歯の方が小さい場合があるのです。

乳歯が虫歯で無くなったりすると、奥の第一大臼歯(永久歯)が前に寄ってきてしまい、後から生える永久歯の萌出スペースが無くなってしまいます。

 

何かの装置を無理やり入れるよりもむし歯予防に注意を払って頂く時期です。 それには、毎日のプラークコントロールが欠かせません。この時期からブラッシング等のプラークコントロールを励行して行くと将来に渡ってのブラッシングが習慣付けられます。

た だし、まだ小さいお子様ですとご自身だけでは磨ききれませんので、本人のブラッシング後に必ず仕上げ磨きを行ってあげて下さい。 また、汚れを落とした後、歯ブラシに適量フッ素ジェルをつけて歯に塗ります。ブクブクうがいができるようになったら、フッ素洗口をすると隅々に行き渡りま すのでより効果的です。

生えたての歯は軟らかくてむし歯になりやすい上、どんどん進行してしまいます。磨き残ししやすい奥歯の溝・歯と歯茎 の境目・横の面を特に注意してチェックしましょう。歯と歯の間である横の面は、歯ブラシでは落としきれませんので、デンタルフロスや歯間ブラシを使う必要 があります。

乳歯列期では患者さまの協力度の問題や乳歯のために矯正治療が制約されることも多く、幼少期の精神発達にも影響を及ぼしやすいので慎重な対応が望まれます。

この時期に大切なのは不正咬合の原因になりやすい乳歯の虫歯予防、指しゃぶり等の悪習癖を管理したり、アレルギー性鼻炎、扁桃腺やアデノイド等の気道の問題(耳鼻科領域)の改善に努める必要があります。

永久歯列にスムーズに交換するために『咬合誘導』という概念の治療を行うことがありますが、積極的な矯正治療の介入はあまり行いません。

矯正治療の開始時期 ~小学校低学年~

平均6歳前後で下の前歯の永久歯が生えだします。その後乳歯の後方に大臼歯が生え順次乳歯から永久歯に入れ替わってきます。

この時期が最初の矯正治療の開始時期となります。(第一期治療) 乳歯列の時期と異なり永久歯列になることで、上下の顎の成長差や永久歯での不正の度合いが顕著に現れて来ます。

ただし、この時期の治療は正しい大人になってからの歯並びを得るための土台作りの時期ですのでここで矯正治療が完結することはありません。 生えている永久歯に部分的に矯正装置を装着したり、取り外しのできる装置(可徹式矯正装置)で対応して行きます。

この時期の治療は今現在何かしらの治療を行っておかないと、将来に渡って問題が大きくなってしまう場合や、第一期治療で矯正治療が完了する場合に限って行います。

ですから、永久歯が出てきたからと言って皆が治療をスタートするとは限りません。

日学歯 反対咬合.jpg

写真は前歯が永久歯に交換してきていますが、反対咬合の状態です。

早期の矯正治療のスタートが望まれます。

矯正治療の開始時期 ~小学校高学年~

前歯と奥歯の間に側方歯(犬歯、第一、ニ小臼歯)が生えてくる時期です。

乳歯から永久歯の交換も大分進み、大人の歯並びの完成に近付いてきます。 人によって多少順番は異なりますが、第一大臼歯(6歳臼歯)より前では上で犬歯、下では第二小臼歯(前から5番目)が最後に生えてきます。

八重歯は通常上顎の犬歯のガタツキ(叢生)のことを言います。第一大臼歯(6歳臼歯)より前方で一番後から生えてくる歯が犬歯なので、犬歯が出て来ようとした時に既に生えるスペースが無いと八重歯として犬歯が外に押し出されてしまいます。

12 歳頃になると最後の永久歯である第二大臼歯(12歳臼歯)が生えてきます。 この時期が永久歯列の矯正治療を行う最適な時期になります。 成長期の真っ只中なので骨の新陳代謝も旺盛で歯の動きも早く、お痛み等の不快感も少なく、矯正治療も短い期間で終了することができます。

 

日学歯 叢生.jpg

写真は犬歯の萌出とともにガタツキ(八重歯)が顕著になってきました。

中学生

 

9-9-08-2.png

歯が生え変わっていれば、ほとんどの人が治療開始の適齢期です。

 

しかし、反対咬合などで著しく成長のバランスが悪い時は成長が終了するまで矯正治療を見合す場合もあります。下あごの成長は身長の伸びる時期とリンクしていますので、男性で約18歳前後女性で約15歳前後まで経過観察することもあります。

既に中学生以上の場合は早めに一度専門医に相談されると良いと思います。

大人の歯列矯正

矯正治療をいつの時期に行うかについては様々な意見があります。大松矯正歯科クリニックでは、第二大臼歯(12歳臼歯)が生える頃に治療することをお薦めしています。それでは成人では矯正できないのでしょうか?

最近では大人の方でも無理なく矯正治療ができるようになりました。 大人の場合、成長期の子供と違って顎の発育がありませんので子供の矯正治療に比べて多少制約がありますが問題なく矯正治療が可能です。

た だし、歯周病等のコントロールが必要な患者さまや矯正治療によって歯の寿命が短縮される場合には矯正治療を見合わせた方が良い場合もありますので、矯正専 門医にご相談されることをお勧めします。 大松矯正歯科クリニックの20歳以上の患者さまの割合は70パーセントを超えています。

中には50歳代や60歳代の患者様も大勢いらっしゃいます。 また、最近の矯正治療の進歩で特にデーモンシステムを利用したパッシブセルフライゲーション・ブラケットの出現で既存の矯正治療よりも無理なく、短期間で生体にやさしい治療が行えるようになりました。9-9-08 1.jpg

矯正治療をいつの時期に行うかについては様々な意見があります。大松矯正歯科クリニックでは、第二大臼歯(12歳臼歯)が生える頃に治療することをお薦めしています。

それでは成人では矯正できないのでしょうか?

最近では大人の方でも無理なく矯正治療ができるようになりました。 大人の場合、成長期の子供と違って顎の発育がありませんので子供の矯正治療に比べて多少制約がありますが問題なく矯正治療が可能です。

た だし、歯周病等のコントロールが必要な患者さまや矯正治療によって歯の寿命が短縮される場合には矯正治療を見合わせた方が良い場合もありますので、矯正専 門医にご相談されることをお勧めします。 大松矯正歯科クリニックの20歳以上の患者さまの割合は70パーセントを超えています。

 中には50歳代や60歳代の患者様も大勢いらっしゃいます。

また、最近の矯正治療の進歩で特にデーモンシステムを利用したパッシブセルフライゲーション・ブラケットの出現で既存の矯正治療よりも無理なく、短期間で生体にやさしい治療が行えるようになりました。

どこで治してもらえるの?

矯正治療はその治療の特殊性から一般歯科治療(虫歯や歯周病)と異なり、どこの歯科医院でも矯正治療が受けられる訳ではありません。

 矯正治療を標榜(看板などに掲載)している医院や矯正歯科専門のクリニック・医院がありますので、そこで治療をお受け下さい。 その際、その医院の矯正医が学会認定の認定医や専門医ならなお安心です。