歯並び相談室

皆様こんにちは!Dr.コウこと大松矯正歯科院長 高 大松(コウ ダイマツ)です。歯並びに関する疑問がございましたらお気軽にお聞かせ下さい!

歯並びの基礎知識

矯正治療の開始時期 ~小学校低学年~

平均6歳前後で下の前歯の永久歯が生えだします。その後乳歯の後方に大臼歯が生え順次乳歯から永久歯に入れ替わってきます。

この時期が最初の矯正治療の開始時期となります。(第一期治療) 乳歯列の時期と異なり永久歯列になることで、上下の顎の成長差や永久歯での不正の度合いが顕著に現れて来ます。

ただし、この時期の治療は正しい大人になってからの歯並びを得るための土台作りの時期ですのでここで矯正治療が完結することはありません。 生えている永久歯に部分的に矯正装置を装着したり、取り外しのできる装置(可徹式矯正装置)で対応して行きます。

この時期の治療は今現在何かしらの治療を行っておかないと、将来に渡って問題が大きくなってしまう場合や、第一期治療で矯正治療が完了する場合に限って行います。

ですから、永久歯が出てきたからと言って皆が治療をスタートするとは限りません。

日学歯 反対咬合.jpg

写真は前歯が永久歯に交換してきていますが、反対咬合の状態です。

早期の矯正治療のスタートが望まれます。

歯並びの悩みは歯並び相談室まで