歯並び相談室

皆様こんにちは!Dr.コウこと大松矯正歯科院長 高 大松(コウ ダイマツ)です。歯並びに関する疑問がございましたらお気軽にお聞かせ下さい!

歯並びの基礎知識

矯正治療の開始時期 ~乳歯列期(3~6歳)~

乳歯が生え揃い、永久歯が顔を出すまでの期間です。 通常、乳歯列には歯と歯の間にすき間が存在しています。 これを発育空隙、霊長空隙と呼びます。 このすき間があるおかげで、将来永久歯が萌出するべきスペースが確保され不正咬合を予防しています。

 しかし、このすき間が無いお子さんもいらっしゃいます。 すき間が少しも無く一見キレイな歯並びをしていますが、将来的に永久歯が萌出できるスペースがなくガタツキの一因となります。

ま た、この時期に虫歯が多発すると乳歯歯冠が崩壊して本来の大きさ(幅)が失われたり、早期の喪失につながります。 永久歯萌出のスペースを確保する役目の乳歯が早く抜けてしまったり、歯が欠けてしまうと後方永久歯(特に第一大臼歯)が前方に移動してスペースを消費して しまいます。

そのため、永久前歯と第一大臼歯の萌出後にでてくる側方歯(犬歯、小臼歯)の萌出スペースが無く八重歯等の叢生(ガタツキ)の 原因になります。 ですから、どうせ乳歯は抜けて後から永久歯が生えてくるからと言っておざなりにしていると、永久歯列で大きな問題が生じて来ます。

 

 

9-9-08-07.jpg

上の図は側方歯(犬歯、第一小臼歯、第二小臼歯)とそれに対応する乳歯/乳歯乳犬歯、第一乳臼歯(D)、第二乳臼歯(E)の大きさを表しています。

通常この部位(片側3本)での永久歯は入れ替わる前の乳歯の方が大きい横幅を持ち合わせています。部位によって対応する永久歯の方が小さい場合があるのです。

乳歯が虫歯で無くなったりすると、奥の第一大臼歯(永久歯)が前に寄ってきてしまい、後から生える永久歯の萌出スペースが無くなってしまいます。

 

何かの装置を無理やり入れるよりもむし歯予防に注意を払って頂く時期です。 それには、毎日のプラークコントロールが欠かせません。この時期からブラッシング等のプラークコントロールを励行して行くと将来に渡ってのブラッシングが習慣付けられます。

た だし、まだ小さいお子様ですとご自身だけでは磨ききれませんので、本人のブラッシング後に必ず仕上げ磨きを行ってあげて下さい。 また、汚れを落とした後、歯ブラシに適量フッ素ジェルをつけて歯に塗ります。ブクブクうがいができるようになったら、フッ素洗口をすると隅々に行き渡りま すのでより効果的です。

生えたての歯は軟らかくてむし歯になりやすい上、どんどん進行してしまいます。磨き残ししやすい奥歯の溝・歯と歯茎 の境目・横の面を特に注意してチェックしましょう。歯と歯の間である横の面は、歯ブラシでは落としきれませんので、デンタルフロスや歯間ブラシを使う必要 があります。

乳歯列期では患者さまの協力度の問題や乳歯のために矯正治療が制約されることも多く、幼少期の精神発達にも影響を及ぼしやすいので慎重な対応が望まれます。

この時期に大切なのは不正咬合の原因になりやすい乳歯の虫歯予防、指しゃぶり等の悪習癖を管理したり、アレルギー性鼻炎、扁桃腺やアデノイド等の気道の問題(耳鼻科領域)の改善に努める必要があります。

永久歯列にスムーズに交換するために『咬合誘導』という概念の治療を行うことがありますが、積極的な矯正治療の介入はあまり行いません。

歯並びの悩みは歯並び相談室まで