歯並び相談室

皆様こんにちは!Dr.コウこと大松矯正歯科院長 高 大松(コウ ダイマツ)です。歯並びに関する疑問がございましたらお気軽にお聞かせ下さい!

歯並びの基礎知識

歯の種類

健康な歯並び1.jpg前歯は専門用語で「切歯」(せっし)と言い、上下左右それぞれ3本ずつあります。

真ん中の歯を「中切歯」、隣の歯を「側切歯」、さらにその隣を「犬歯」と呼びます。

これらは食べ物を噛み切るのに都合の良い形をしています。

奥歯は「臼歯」(きゅうし)と言い、親知らずを除くと上下左右それぞれ4本ずつあります。奥の2本を「大臼歯」、手前の2本を「小臼歯」と言い、その名の通り「うす」のような形をしており、食べ物をすりつぶすのに都合の良い形をしています。

健康な臼歯1.jpg前でものを噛み切って小さくし、奥でさらに噛み砕いて飲み込みやすくしているのです。

歯の数は合計28本(第3大臼歯を含めると32本)material_tp07b.jpg

 

歯並びの悩みは歯並び相談室まで