歯並び相談室

皆様こんにちは!Dr.コウこと大松矯正歯科院長 高 大松(コウ ダイマツ)です。歯並びに関する疑問がございましたらお気軽にお聞かせ下さい!

なんでも相談室

歯並びを治した後に戻るのが不安です。

質問:矯正で歯並びを治した後きちんと固定されずに、歯間に隙間が開いてしまったり、装置をつけていたところに虫歯ができることがあると聞きました。
時間とお金をかけるので、その点が一番心配です。

答え:ご心配されていることは

1、後戻り(あともどり) 

2、装置周辺の虫歯のことだと思います。

1、後戻り は矯正治療終了後に歯が元の位置に戻ろうとしてすき間や捻じれが生じることを言います。


それを防止するために保定(ほてい)と言う概念で歯を動かした後に一定期間、保定装置を用いて歯を固定して骨を固めます。


また、オーバーコレクションと言って戻るのを勘案して強めに治したり、

親知らずの影響で後戻りが起きそうな場合には予防的な意味合いで親知らずを抜くことも検討します。
ただ、上記の後戻り予防処置を行っても患者様の生活習慣(特に歯軋りや無理なお口の使い方等)で後戻りが起こってしまうことが少数ながらございます。
しかし、患者様に合った歯並びを付与できればそうそう後戻りは起こりません。

2、装置周辺の虫歯は歯ブラシが足りないと虫歯になり着色することがあります。
矯正装置は歯に直接接着材で装置を付けますので装置の直下は100%虫歯になりません。


しかし、装置の周辺は凸凹が多く歯ブラシがとどきずらくプラークが堆積して虫歯になりやすくなります。
『歯並び相談室』を主催している大松矯正歯科クリニックwww.4180.jpでは治療中に虫歯にならないように毎回歯ブラシチェックを行います。
また定期的にPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング/歯ブラシで落としにくい汚れを専門的に清掃します。)も無料で行いますので心配は要りません。


歯並びの悩みは歯並び相談室まで

カテゴリー一覧

コメントする