歯並び相談室

皆様こんにちは!Dr.コウこと大松矯正歯科院長 高 大松(コウ ダイマツ)です。歯並びに関する疑問がございましたらお気軽にお聞かせ下さい!

なんでも相談室

歯を抜かずに矯正できますか。

質問

なるべく自分の歯を抜かずに矯正したいのですが。

答え

歯並びが悪い方の場合、歯のガタツキ(デコボコ)を気にされる方が多いいです。
その場合歯の大きさと顎のサイズの不調和でガタツキが起こります。
例えば、歯が大きかったり、顎が小さかったり、またはその両方がある場合などが考えられます。
また、親知らず(第三大臼歯)が生えようとするときに前の方に力が加わって前歯にガタツキが生じる事があります。

歯並びが悪いと難波様のお悩みのように物が噛みずらかったり、物が詰まったり、見た目も悪かったりします。
それ以上に歯ブラシがしづらく虫歯や歯周病のリスクも高まります。

いくら頑張って磨いていただいても磨き残しが出てしまうことがあります。

ですから、矯正治療によって美しい歯並びを獲得することは将来に渡って歯のみならず全身を含めた健康を維持することにもなります。

ところで、ご自身では横顔で、口元の出っ張りとかが気になりますか?
また、いつもお口が閉じずらく前歯が見えている状態でしょうか?
前歯が出ていると前歯の先まで口唇の長さが足りずにお口が閉じずらかったり、前歯に合わせて口元も出てきますので必要に応じて矯正治療で前歯と口元を後退する事を検討して行きます。
前歯を後退するためにはそれに必要なスペースが必要になります。
顎を拡げてスペースを獲得したり、歯を抜いてスペースを作って矯正治療を行う場合があります。
また、歯の大きさと顎の大きさに著しく差がある場合には歯を抜く事も検討しますが、
大松矯正歯科クリニックでは初めに歯を抜かないでどこまで治す事が可能かを慎重に判断していきます。
そこで、歯を抜かないで治すことのメリット、デメリットそして歯を抜いて治す場合のメリット、デメリットを勘案してそれぞれを患者様にお知らせします。
その上で最終的に何をどこまで治して行くかをご相談させて頂いております。

装置につきましては、最近ではデーモンシステムという新しい概念の治療法が開発され、
今までよりも歯を抜かないで治せる可能性が高まりました。
また痛みも少なく短期間で治療が終了できるようになりました。

歯並びの悩みは歯並び相談室まで

カテゴリー一覧

コメントする