歯並び相談室

皆様こんにちは!Dr.コウこと大松矯正歯科院長 高 大松(コウ ダイマツ)です。歯並びに関する疑問がございましたらお気軽にお聞かせ下さい!

なんでも相談室

テスト投稿

記事のテスト投稿

ページのトップに戻る

歯が出ているのがコンプレックスでたまりません。(出っ歯の治し方)

質問:前歯が出ていることで、上前歯4本の部分矯正、
または差し歯にするか、で2件相談に行きました。

もし、部分矯正するなら抜歯が必要、又、
差し歯の場合は、神経をとらないといけない。

でも、歯並びはいいからもったいない、気にするほどではない、きれいな天然歯だし触らないほうが良いと言う事でした。

天然歯に勝るものはないという事は良くわかっています。
でも、笑うのも嫌なくらい私にはコンプレックスにすぎないのです。

抜歯にも神経をとるのにも抵抗があります。

何か良い方法はないでしょうか?

子供もまだ小さくまだまだ手もかかる時なので
短期間、且つ、できるだけ費用を抑えたいと思っています

矯正だと期間も費用も抑えられないでしょうし

差し歯の場合でしたら、時期に高価なものに替え
今は安価なものでも良いと思っています。

とにかくコンプレックスでならないので
私にあった良い治療法を教えてください。

答え:〇〇さまのお悩みは前歯の出っ張り(出っ歯)、上顎前突症のようですね。

上顎前突症の原因には①歯によるもの、②骨格性によるもの、③歯と骨格性の両方に起因するものが考えられます。
また、それぞれに上に問題があるのか、下に問題があるのか、その両方に問題がある場合が考えられます。

その原因によって上顎前突の治療法が変わって来ます。

成長が終了した大人の方ですと骨の成長をコントロールすることが出来ませんので
骨格性の問題を歯並びで補償して直して行きます。

大人の場合、小さい下あごを前には持ってこれませんので
上の前歯を後方へ移動することで上顎前突(出っ歯)を治して行きます。

その方法として矯正治療で前歯を後方へ下げるのか
差し歯(補綴、審美歯科)で人工的な歯を入れて前歯を下げる方法があります。

矯正治療で歯をたくさん移動させる必要がある場合には
歯列の真中あたりの歯(小臼歯)を抜いて隙間を作ってから前歯を下げていきます。

差し歯の場合には歯の角度を内側にするために
神経を抜いてそこに人工的な土台を立ててから
差し歯を作って行きます。

また、矯正治療をしてから最後に差し歯を入れるケースもあります。

それぞれにメリットとデメリットがありますので
担当医と良くご相談の上お決め頂ければと思います。

矯正治療は症状によって歯を抜かなければいけない場合があります。
歯を抜くことは矯正治療の目的ではなくあくまでも『手段』の一つです。

矯正治療の最良のゴールを設定してそれを達成するためには
歯を抜くことで他の歯を長持ちさせることができたり
全体のバランスを整えることができます。
お顔つきも整えることができます。

長い目で見ていただくと、矯正治療は一生の中での一部分の期間です。

長い人生の中での一瞬の出来事なので
良くご検討頂ければ幸いに思います。

経済的にも結果的に矯正治療と差し歯の治療ではあまり差が出ないケースもよくあります。

最後になりますが、歯並びの治療には患者さまの価値観が大きなウェイトを占めます。


また、医師サイドのアプローチにも・・・
得意な分野を積極的にお勧めする傾向がありますので
その点もご考慮頂ければと思います。





 

ページのトップに戻る

歯並びと性格の関係

質問: 孫娘(15歳。東京都在住)について、相談します。歯並びが多少悪く、本人も悩んでいますが、この年齢で矯正はできるでしょうか?

また、本人は、歯並びが悪いと自分の性格も確実に悪くなる、性格が悪いのは歯並びのセイだと思い込んでいるようですが、そんなことはないと思いますが、いかがでしょうか?

お教え下さい。よろしくお願いいたします。
 

答え: ご質問のお孫さまの件ですが、
歯並びを治す矯正治療の開始年齢としては問題はありません。

矯正治療は年齢に関係なく成人の方でも行えますのでご心配はいりません。
当クリニックの最高齢の方は65歳の女性の方です。

歯並びと性格についてですが、
学術的なリサーチ(研究)を目にしたことがありません。
日本国内の学会から海外の学会に渡って研究対象とされていません。

私見で述べさせていただくと、経験的に歯並びの悪さと性格の因果関係は無いと思います。

しかし、歯並びが悪いためにそれがコンプレックスとなり
精神的にお悩みの患者さまがいらっしゃるのは事実です。

『人前で歯を出して笑えない』、『歯並びが悪いので口元を隠しながら話す』等など・・・
そのために抑うつ状態になり心身のバランスを崩すことがあります。

お孫さまもその様な観点から性格の良し悪しについて気にされているのではないでしょうか?


歯並びがコンプレックスと感じられるようでしたら、
矯正治療の対象になりますので、
矯正歯科専門医へご相談されることをお勧めします。


 

ページのトップに戻る

13歳の息子の歯並びについてご相談いたします。(先天欠如歯)

質問:13歳の息子の歯並びについてご相談いたします。
上の右の2番目の永久歯が欠損して生えてきませんでした。
そのため、1番目の歯、2本がハの字に生えてしまい余りにもひどかったため、小学校の3年間矯正をしました。
今は多少の隙間があるものの随分きれいになりました。すべて永久歯に生え変わり、仕上げの矯正を再びやりましょうとの話が通院していた矯正歯科から言われたのですが、上の左と下の左右の4番目の歯を抜いて下さいとの事。
元々1本欠損しているので、上下の噛み合わせを揃える為、又、それに伴って生え揃っている右側の歯が左に寄ってきてしまうのでとの説明でした。
抜かないとゴリラの様な口元になってしまいますとの説明も・・・
どうも納得がいかず、理解もできず・・・
このような欠損歯がある場合は、やはり抜歯をしないといけないのでしょうか?
先生のご意見をお伺いしたいのです。

答え:

お子様の歯並びについてですが、実際にお口の中を拝見してないので正確なことが言えないという前提でご返答させて頂きます。

> 上の右の2番目の永久歯が欠損して生えてきませんでした。
> そのため、1番目の歯、2本がハの字に生えてしまい余りにもひどかったため、小学校の3年間矯正をしました。>今は多少の隙間があるものの随分きれいになりました。

前歯2本がハの字に生えて来た原因は永久歯の欠損のためとは言えません。
ハの字に生える原因はその二本の歯が生えるべきスペースが足りないためか、
元からそのように生えるようになっていたか、
または骨の中に過剰歯(余分な歯)がありそれが邪魔して歯のガタツキが出る場合です。


お子様の場合には歯が一本欠損しているとのことなので
逆にスペースが余ります。
そのために前後の歯にガタツキ(ハの字)が出ることはあまり考えられません。



>すべて永久歯に生え変わり、仕上げの矯正を再びやりましょうとの話が通院していた矯正歯科から言われたの>ですが、上の左と下の左右の4番目の歯を抜いて下さいとの事。
> 元々1本欠損しているので、上下の噛み合わせを揃える為、又、それに伴って生え揃っている右側の歯が左に
寄ってきてしまうのでとの説明でした。

永久歯が一本欠損しているので、上下左右のバランス(本数的な)を考えると
他の歯を抜いて(便宜抜歯)数合わせを行い矯正治療を行うことは多々あります。

しかし、全てがこのような抜歯治療を選択するワケではありません。

症状に応じては歯の本数が合わないまま咬み合わせを調えることもあります。
矯正治療前に術後の予測を行い、歯を抜かなくても咬み合せがある程度可能ならば
抜歯をしないで治療を行うこともあります。


> 抜かないとゴリラの様な口元になってしまいますとの説明も・・・
> どうも納得がいかず、理解もできず・・・

ゴリラの様な口元と言うのが、・・・
多分、前歯が前方に傾斜して口元が前突(出っ張った)した状態を言うのでしょう?

矯正治療の前に既に口元が前突している場合は
出っ張った口元を治すために、歯を抜いて前歯を積極的に後方に下げて
口元の出っ張り感を改善する方法があります。

また、ガタツキがきつい症状(叢生)の場合に
非抜歯(歯を抜かない)で矯正治療を行うと
前歯が前方に傾斜してしまい、
その影響で前突した口元を作り出してしまうこともあります。

矯正治療のゴールにはいろいろなアプローチ仕方があります。
矯正治療は患者さんのご希望を考慮して、
患者さんに最適な口腔環境をお作りすることが最大の目的です。


いずれにしても、現在おかかりの矯正歯科の担当医に
〇〇さまがご納得が行くまで、ご説明をお受けになることをお勧めします。

矯正治療にはメリットとデメリットが混在していますので
その両者を良くご理解を頂いた上で
ご納得した治療を受けられることを切望致します。

 

 

ページのトップに戻る

子供の顎の成長について(どんな検査方法がありますか?)

 
 
 
 
 
 
 
質問:
子供の矯正について伺います。9歳3カ月
子供の場合、顎もこれから成長していくので、
だいたいこれくらいの歯並びになっていくだろうということがみえる先生におねがいしたいのですが、そういうことを計る検査があるのでしょうか?先生の経験、腕一つでしょうか?
病院さがしに苦労していますが、(地方なので)
この検査をしないところはよくない、など病院を探す際のアドバイスいただけませんか、先生の
顎に関する説明をみて、(顎について書かれている歯医者さんのホームページはなかったので)
こちらでご相談させていただこうとおもいました。どうぞよろしくお願いします

答:
 
お子様の歯並びのお悩みですが・・・
 
9歳前後ですと、まだ乳歯が混じった混合歯列期という時期です。
この時期は名和さまのご指摘の通り、
永久歯の生え変わりとともに歯を支えている顎の成長が旺盛に出現する時期でもあります。
 
矯正治療を考える時、この時期に一番重要なことは『顎の成長』に問題が無いかということです。
 
歯並びのガタツキなら永久歯列になってからでも十分に治せます。
 
しかし、顎の成長に問題があるようでしたら成長期のこの時期にアタックしないと
大人になってからでは(成長が終了)顎のズレの改善ができません。
 
顎の成長を確認するには『セファログラム』というお顔の規格レントゲン写真を撮影します。
 
年齢に応じた標準データーと比較して顎の大きさの判定を行います。
 
厳密な将来的な成長予測はできませんが、現状の上下の顎のズレの確認や
将来予測の概略は把握することができます。
 
矯正治療を行う際には精密検査を行います。
検査の一例ですので参考にしてください。
 
 
ご存知の通り、矯正歯科治療は歯科医師免許があれば法的には
どの歯科医師が行ってもかまいません。
 
しかし、矯正歯科は一般歯科と違って特殊な分野なので
それなりの勉強と経験が必要になります。
 
矯正歯科学会認定の認定医や専門医に受診することをお勧めします。
 
いずれにしても、矯正歯科専門医のいる矯正歯科専門のクリニックでしたら
問題はないと思います。

ページのトップに戻る

娘の奥歯が生えて来ません。何か病気を伴っているのか不安です。(埋伏歯)

質問  46歳 女性(母親) 

はじめまして、高校1年の娘の歯の事でご相談させいただきます。
娘は英国で生まれ小6の9月に帰国しました。

学校の歯科検診でも注意を受けたことがなく本人も特に何もいってなかったので気付かなかったのですが祖母に奥歯がなさすぎと言われ近所の口腔外科に行きましたところ奥の方の歯が上下とも3,4本生えてきてなくレントゲンで見ると両脇が横になり抑えあって出てこれない状況で大学病院を紹介されました、異常な歯ということで保険が利くけど綺麗に治るまでには40万くらい掛ると言われ口腔外科と小児科で相談の上小児科で矯正を始めました、2年近く通いましたがあまり変化もなく、娘が高校に伴い引っ越すことを告げると矯正の先生を紹介されましたが保険は使えず検査だけで7万位、初期治療までで7,80万掛ると言われました。

レントゲンでは良く分からないが上の横になってる歯は抜くしかないだろう、下の歯も使えそうにないというのです。さんざん通って今更出来るかどうかもわからない検査に7万かと・・・。

信用できなくなりました。通常は病気を伴うものなのでほっておくととんでもないことになるかもとも言われ不安でいっぱいです。
是非アドバイスをいただきたく宜しくお願いいたします。

 

答:

お嬢様の歯並びの件、〇〇さまの心中ご拝察いたします。

ご相談内容の埋伏歯(まいふくし)ですが、いろんな原因で歯が出てこれない場合があります。

一般的には
〇歯の萌出余地不足(歯の生える隙間が足りない)
〇外傷受傷による
〇過剰歯(余分な歯のために)
〇腫瘍(良性腫瘍に起因して)
〇先天的に萌出方向が悪い
〇原因不明
〇その他
が考えられます。


ご相談内容から大学病院の口腔外科を受診されているとのことなので、
上記原因のうち、腫瘍や過剰歯による原因は除外されると思います。

もしも、腫瘍や過剰歯が原因ならば口腔外科で〇〇さまに報告があってしかるべきだからです。
その様なインフォメーションが無いとなると腫瘍の存在や過剰歯の存在は無いと思われます。
(口腔外科でしっかりとした検査が行われたとの前提ですが・・・)

埋伏歯で問題となる場合はその原因が腫瘍に由来する場合です。

腫瘍が原因ですと、埋伏歯が腫瘍の増大とともに移動する場合があります。
また、腫瘍由来の埋伏歯ならば腫瘍とともに取り除く必要があります。

ですから、埋伏歯の原因を確定する必要がここで出て来ます。

しかし、全ての埋伏歯が病気を伴うものとは限りませんので
ご安心ください。

埋伏歯の原因の特定は腫瘍や過剰歯以外の場合には正確には出来ませんが、
埋伏している現状がありますのでそれに対して対応が必要と思われます。

年齢的にお嬢様の奥歯が自分の力で萌出することはありませんので、
人為的に引っ張り、萌出させる必要が出て来ます。

それを行うのが矯正治療です。

矯正治療を行う場合、埋伏している歯を牽引(引張り出す)するために
埋伏している歯が出て来れるためのスペースが必要です。

また、埋まっている歯に矯正装置の装着が必要です。
そのためには歯肉を切開したり、骨を削除する必要性も出て来ます。

場合によっては、歯を牽引できないケースもあります。


埋伏歯を牽引する場合は矯正治療の範疇になりますので、
原則的に健康保険が適応になりません。

口腔外科等で埋伏歯を抜歯(抜く)する場合には健康保険が適応になりますが・・・


お嬢様がどの様な症状なのか判りませんので、
一般論でしかお話出来ないことをお許し下さい。


参考までに下記サイトをご覧下さい。

http://www.4180.jp/2009/05/post_163.html

http://www.4180.jp/2009/07/post_183.html

http://www.4180.jp/2009/07/2_3.html



 

ページのトップに戻る

歯並びの影響で毎日苦しい思いをしています。

質問:

あや様  18歳 女性

こんにちは、私は今歯並びで毎日苦しい思いをしています。
昔から歯並びが悪く何度も親に言っているのですが、流されます。
どんなに苦しい思いをしてるかわかってくれていないんです。
上の前歯2本がカタカナのハの字みたいになってしまっていて、その隣の歯の上に少しかかっていて、その歯が後退してしまっています。
かみ合わせても、歯同士がくっつかずに浮いています。
幸い下の歯はとても歯並びがいいのですが、その変な歯並びのせいで、左側の顎が歪んでしまっていて顔のパーツも左右非対称です。
しかも、太っているわけでもないのに原因不明の酷い二重あご、顎のポコとした肉も気になります。

写真を撮るとそこだけが強調された形で写ってしまうので、写真が大嫌いになりました。
最近は、耳の後ろの骨の痛みや食べ物を噛んだときに出る顎ラインのしびれなんかも出てきました。
容姿が嫌なので、外を出歩くのも苦痛でマスクを着けています。
脱力感もあり、気分的にも優れません。
やはり、その痛みや症状を解消するには歯列矯正しかてだてはないのでしょうか。
親が協力してくれないとなると自分で稼がなければなりませんが、18でも払えるような料金でしょうか??
自分一人ではどうすればいいのか本当に分かりません

答:

この度は歯並びに関するお問合せありがとうございます。

お問合せの内容から、あやさまの歯並びの症状は『歯のガタツキ』のようですね?

専門的には『叢生(そうせい)』と言います。

 
また、上あごの前歯がハの字の状態を『翼状捻転』とも呼ばれます。


永久歯の生え変わりの時期に生えてくる永久歯が大きかったり

顎が小さく歯が入るべきスペースが足りないときに起きます。



簡単に要約しますと、歯の大きさと顎の大きさに不調和があり真直ぐに歯が並ばない状態です。

 
歯並びが悪いと見た目が悪いのはもちろんのこと、虫歯のリスクも高まりますし、お食事や発音にも影響が出て来ます。
 
特にあやさまの場合、歯並びが悪いことで『心』の問題もお抱えのようですね・・・
 
あやさまの心中ご拝察いたします。
 
矯正治療で歯並びは治せますのでご安心下さい!
 
そして、外観のコンプレックスも取り除けるかも知れません。
 
 
 



ご質問の矯正治療料金ですが、基本的に保険が利きません。



ただし、顎変形症(外科手術併用の場合)、唇顎口蓋裂(あごや唇が先天的に割れている方)

そしてダウン症等の特定の疾患(約10種類)に起因した不正咬合の場合は保険が利きます。



この場合、どこの歯科医院でも保険が利くわけではなく、

国が定めた厚生育成医療指定機関の指定を受けた歯科医院でのみ可能です。



大松矯正歯科クリニックも厚生育成医療指定機関の指定を受けていますので、

上記の疾病の方の矯正を保険で行っています。



しかし、あやさまの症状が上記のいずれかに該当しない場合には保険が利きませんので、


一度ご相談をさせて頂ければありがたく思います。
 

カウンセリング(初診相談)は無料となっていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。


予約専用電話 03-5978-4180

 
また、矯正治療の料金はある程度高額になりますので、
未成年の方の場合には保護者の方とのご了解が必要になる場合があります。
 
カウンセリング(無料初診相談)の時に親御さんも同席して頂ければ
あやさまの矯正治療の必要性や治療の概略等をお話させていただきます。


あやさまの歯並びを治す夢の実現に少しでもお力添えできればと思います



 

ページのトップに戻る

顎変形症について

質問:顎変形症では ないかと思います。子供の頃 受け口で 矯正しました。顔が曲がっており、周りの人から指摘されます(ひどくゆがみがあります) 口腔外科を受診しようと思いますが、鼻にプロテーゼと鼻の根元に軟骨を入れています。外科手術は可能なのでしょうか? 大学病院に行く予定なので、医師の反応も気になり、気が重いです。よろしくお願いします。

40代 女性

 

 

答え:○○さまがお悩みの症状は下顎のゆがみのようですね?

小さい時に受け口の矯正治療をお受けになったようですが、
受け口の原因が骨格性の原因だと、
矯正治療単独ではその骨格性の問題を取り除くことができません。



また、成長期前に矯正治療が終了していると、
その後の成長期に下顎の成長が旺盛に出現すると
受け口が再発することもしばしばあります。



下顎の成長はある一定方向に成長していきますが、
人によっては左右にズレて成長が出てきてしまう場合があります。



骨格のズレが大きいと、顔のゆがみも顕著になりますし、
歯並びにも影響が出て来ます。



骨格のズレから来る不正咬合を総称して『顎変形症』と呼びます。



また、この顎変形症という呼び方は健康保険で取り扱う場合に
外科的手術を伴う骨格性の不正咬合を指します。



矯正治療は症状の成り立ちによって、保険適応か適応でないかが決まります。



矯正料金の保険適応は

1、唇顎口蓋裂

2、先天性の疾患に起因した不正咬合(例えばダウン症、第一、第二偲弓症候群など 十数種類の疾患)

3、顎変形症    です。



上記に当てはまる不正咬合の場合は都道府県から指定された特定の医療機関に限って健康保険で矯正治療を受けることができます。



○○さまのメールの内容では残念ながら保険でできるかどうかは判別できません。





『歯並び相談室』を主催している大松矯正歯科クリニックは東京都からの指定を受けた特定医療機関ですので
保険適応が可能な不正咬合は保険で治療を行っております。



顎変形症の治療の場合、一般的には『外科矯正』という矯正治療と外科的手術を併用した方法で治します。





ですから、口腔外科単独で行うものではないので
お近くの矯正歯科クリニックにご相談するのも一つかと思います。



外科手術につきましては鼻にプロテーゼが入っていても特段問題は無いと思います。



しかし、下顎骨単独の外科手術ではなく 、上下顎両方の手術が必要な場合には
上顎の手術範囲によってプロテーゼが問題になることもあります。



○○さまの手術範囲が上顎にも及ぶ場合には専門医のご意見を聞く必要が出て来ます。







ページのトップに戻る

八重歯の後戻り

質問:数年前から、八重歯のズレが大きくなってきているのを感じていました。先日、仙台の矯正歯科に相談したところ、
「矯正することはできるが、上下前歯のセンターが揃っているし噛み合わせもきれいなので後戻りのリスクが大きい。よってお勧めはできない」
「これからも1年で1mmぐらいずつズレていくが、マウスピースで現状維持できる」とのことでした。他の先生の意見も聞いてみようと近辺で探していましたがしっくりくるところがなく、こちらを利用させて頂きました。実際、センターのラインは揃っており、機能的には何の問題もありません。こういう場合はいかがなものでしょうか?
 実物がなくご意見だけ伺うのは失礼かと思いますが、ご返答いだだけたら幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

 

答:○○さまのお悩みは八重歯のようですね?

 
八重歯の場合、犬歯がかみ合わせに参加できずに外に飛び出ている状態だと思われますがいかがでしょうか?
八重歯の原因は一本ずつの歯のサイズが大きかったり、あごが小さかったりする場合に起こります。
 
専門的には叢生(そうせい)、犬歯の低位唇側転位と言います。
 
矯正治療で改善できますのでご安心ください。
 
症状によって、非抜歯や抜歯(歯を抜いて治す)の判定が必要になります。
 
治療方法や治療のゴールの設定によって治療後の安定性が異なるのは事実です。
 
しかし、後戻りが全ての患者さまに起こる訳ではないので過度なご心配は無用だと思います。
 
マウスピース装着で歯の移動を防ぐことは可能ですが、一生涯使い続けるのでしょうか?
 
当クリニックでも歯軋り(はぎしり)防止のためにマウスピースを一時的に使うことがあります。
 
後戻りは無理な位置に歯を移動した時に、歯が機能する上で正しい位置に戻るための生体の反応だと思います。
 
詳細は下記のブログをご参照ください。
 
 
 
○○さまの症状がわかりませんので、詳しいことが言えませんがご了承下さい。
後戻りについても術前の症状や治療後のゴールの設定で異なって来ます。
 
お近くの矯正専門医のご意見を聞いて見て下さい。
 
 
 

 

ページのトップに戻る

歯並びを治した後に戻るのが不安です。

質問:矯正で歯並びを治した後きちんと固定されずに、歯間に隙間が開いてしまったり、装置をつけていたところに虫歯ができることがあると聞きました。
時間とお金をかけるので、その点が一番心配です。

答え:ご心配されていることは

1、後戻り(あともどり) 

2、装置周辺の虫歯のことだと思います。

1、後戻り は矯正治療終了後に歯が元の位置に戻ろうとしてすき間や捻じれが生じることを言います。


それを防止するために保定(ほてい)と言う概念で歯を動かした後に一定期間、保定装置を用いて歯を固定して骨を固めます。


また、オーバーコレクションと言って戻るのを勘案して強めに治したり、

親知らずの影響で後戻りが起きそうな場合には予防的な意味合いで親知らずを抜くことも検討します。
ただ、上記の後戻り予防処置を行っても患者様の生活習慣(特に歯軋りや無理なお口の使い方等)で後戻りが起こってしまうことが少数ながらございます。
しかし、患者様に合った歯並びを付与できればそうそう後戻りは起こりません。

2、装置周辺の虫歯は歯ブラシが足りないと虫歯になり着色することがあります。
矯正装置は歯に直接接着材で装置を付けますので装置の直下は100%虫歯になりません。


しかし、装置の周辺は凸凹が多く歯ブラシがとどきずらくプラークが堆積して虫歯になりやすくなります。
『歯並び相談室』を主催している大松矯正歯科クリニックwww.4180.jpでは治療中に虫歯にならないように毎回歯ブラシチェックを行います。
また定期的にPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング/歯ブラシで落としにくい汚れを専門的に清掃します。)も無料で行いますので心配は要りません。


ページのトップに戻る

異常な歯並びについて

質問:はじめまして。
私の歯は異常な歯並びって言われています。
その場合は保険適用で歯並び治療できるのでしょうか?

答え:この度は歯並び相談室へのお問合せありがとうございます。

 
○○さまのメールの内容では残念ながら保険で矯正治療ができるかどうかは判別できません。
 
矯正治療は症状の成り立ちによって、保険適応か適応でないかが決まります。
矯正料金の保険適応は
1、唇顎口蓋裂
2、先天性の疾患に起因した不正咬合(例えばダウン症、第一、第二偲弓症候群など 十数種類の疾患)
3、顎変形症    です。
 
上記に当てはまる不正咬合の場合は都道府県から指定された特定の医療機関に限って健康保険で矯正治療を受けることができます。
 
 
 
『歯並び相談室』を主催している大松矯正歯科クリニックは東京都からの指定を受けた特定医療機関ですので
保険適応が可能な不正咬合は保険で治療を行っております。
 
 
お時間がある時に一度ご来院して頂き矯正治療のご相談をさせて頂ければ幸いに存じます。
 
 
 
ご相談は無料となっておりますのでお気軽にお申し付けください。


 

 

ページのトップに戻る

治療費について(保険で治したいのですが・・・)

 
 
 
 
質問:はじめまして
私は乱杭歯(上前歯の一つは虫歯です)と顎関節症で悩んでいます
歯列矯正をしたいのですが経済的に余裕が無いので困っています
歯列矯正の保険適用はどのような場合に適用されるのでしょうか? 
 
 
 
 
 
 
 
答:矯正治療の治療費は一般的に自費保険適応の2種類に分けられます。
 
矯正料金の保険適応は
1、唇顎口蓋裂
2、先天性の疾患に起因した不正咬合(例えばダウン症、第一、第二偲弓症候群など 十数種類の疾患)
3、顎変形症    です。
 
上記に当てはまる不正咬合の場合は都道府県から指定された特定の医療機関に限って健康保険で矯正治療を受けることができます。
 
○○さまのメールの内容では残念ながら保険では対応できないと思われます。
 
また、顎関節症の治療の場合その症状の改善のための治療は(投薬、マウスピース  etc・・・)健康保険で行えます。
しかし、顎関節症の治療のための矯正治療は健康保険では行えません。
 
『歯並び相談室』を主催している大松矯正歯科クリニックは東京都からの指定を受けた特定医療機関ですので
保険適応が可能な不正咬合は保険で治療を行っております。
 
保険以外の自費治療ですと
料金設定の裁量が各医院に任されていますので料金に大きな開きがあるのが現状です。
患者さまが医院から提示された料金や治療方法に合意できれば治療契約が成立します。
 
健康保険は一つの処置に対して国が決めた治療費が決まっていますので、全国どこでも同じ料金体系に従うことになります。
 
 
○○さまの症状を拝見してみないと保険適応が可能かどうかが判別つきません。
 
お時間がある時に一度ご来院して頂き矯正治療のご相談をさせて頂ければ幸いに存じます。
 
ご相談は無料となっておりますのでお気軽にお申し付けください。
(初診相談無料)
 

ページのトップに戻る

下の歯を一本だけ矯正したいのですが・・・

質問:下の歯が一本だけ並びが悪いのですが、一本だけ矯正したいとき、何十万と費用が必要なんでしょうか?
もっと手軽に矯正できるのでしょうか?
教えてください。

 

答:ご質問の下の一本の歯の移動ですが、症状の程度によって動かし方が変わって来ます。

 
一本の歯を動かすにも、その歯を動かすためにその隣の歯を土台にして力をかけたりします。
 
また、その歯が正常な位置に来るためにはその歯が収まるべきスペースが必要です。
 
そのスペースを得るために、他の歯を動かしたり必要によっては上の歯も動かさなければならない事があります。
 
矯正治療には全体矯正(上下の歯の全部の矯正)と部分矯正(一部分の矯正)の治し方があります。
 
○○さまの症状がどのようなレベルか判らないので、全体的に治すべきか部分的に治すべきか簡単に判断が下せません。
 
部分的に治すにしても、他の歯の移動を必要とするのかによっても治療の難易度が異なって来ます。
 
それによって矯正治療のアプローチも変わって来ますので、料金的なことも一概にはお話できないのが現状です。
 
本格的な矯正装置で治せるのか、
取り外しのできるプレートタイプで治せるのか、
裏側からアプローチするのか・・・    etc
 
部分的に治せる範囲でしたら料金的にも安価で行えると思います。


ページのトップに戻る

歯並びと体のバランスとの関係

質問:奥歯の、ブリッジが、治療のときに、左右対称でなかた為、噛み合わせが、ずれてしまったり、奥歯の、高さが、違っていて、片噛みに、なっていたりして、体の、バランスが、崩れてしまってると、思うのですが。

 

答:歯科治療によって治療前に比べて顎の位置が変わってしま場合があります。

また、それを意図的に行って患者さまにとって正しい顎の位置に誘導させる治療法もあります。

一般的に顎の位置が本来の正しい位置に無いと体のバランスが取りずらいとされています。

下顎は頭に対してぶら下がっている骨です。
また、ぶら下がっているために正しい姿勢をとる上で振り子の様にバランスを取っている骨でもあります。

ですから、顎の位置が悪いと体に対して頭の位置がズレやすく
それを補正するために肩のラインが左右でズレたり
さらには腰のポジションにまで影響が出ることがあると言われています。
と言うことは背骨まで曲がる・・・可能性があります。

しかし、顎の位置がズレているからと言って全ての人に症状が現れる訳ではありません。


○○様の場合、左右均等に咬める咬み合わせを作ってもらった方が良さそうですね。


片咬をするのも、ブリッジによって片方で咬み難いために起こるものと推測されます。



最寄の歯科医院でご相談されることをお勧めします。

ページのトップに戻る

7ヶ月の子供(乳児)の矯正治療について

質問:はじめまして。 
現在7ヶ月の子どもがいます。
4ヶ月の時に下の前歯が2本、最近上の前歯とその両隣2本の計4本が生え始めています。
生え始めの前歯を下から見ますと、ハの字のように生えてきています。今後の歯並びが心配です。
まだ離乳食なので、固いものも食べさせられないので、どうしたら今後よい歯並びになるかアドバイスをお願いいたします。また、万が一前歯がハの字に生えてきてしまったらどうしてまっすぐに生えるようししたらよいのでしょうか?女の子なのでとても気にしています。
どうか返信のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 :  ご質問のお嬢様の歯並びについてですが、現段階ではそんなにご心配しなくてもよろしいかと思います。

ちょうどお嬢様も歯が生えて来る時期ですので、ご心配は判りますが何もすることはありません。

 自然に歯が生えるのを見届けて頂ければと思います。

 
この時期から硬いものを食べても将来に渡って悪い歯並びにならないとは残念ながら言えません。
 
悪い歯並びの原因には遺伝的な原因と後天的(生まれた後の)な原因があります。
 
特に遺伝的な影響が大きい歯の大きさや顎(あご)の大きさのアンバランスによって悪い歯並びが起きることが多いので、小さい時から硬いものを食べさせて悪い歯並びが防げるのなら、悪い歯並びの人はいなくなってしまいます。
また、矯正治療も必要なくなってしまいます。
 
・・・成長期に硬いものを食べさせれば歯並びが治ってしまうので・・・
 
でも、そんなことはありません。
 
昔の人に比べて硬い物を食べなくなったから、あごの発育が悪く、悪い歯並びが現代人に増加しているとする論調もありますが、俗説に近いものだと思います。
 
動物実験でラットに固形食と粉末食を与えてあごの成長を見た実験では
そこに有意差が認められましたが、これは極端な実験なので単純に人間には当てはめられません。
 
また、昔と今では文化的な違いもありますので、今ほど歯並びに気を留める風潮も無かったと思われます。
ですから、昔に比べて歯並びが悪い人が増えたといってもその根拠が乏しいのが現状です。
 
あまり神経質にならずに、普通に子供らしくお育てになれば宜しいかと思います。
 
また、適切な時期に適切な医療機関でお嬢様の歯並びのチェックをお受けになれば良いと思います。
 
保健所の1歳6ヶ月検診、3歳児検診(行政によって異なりますが)などで医師に見てもらうのも良いかもしれません。
 
医療機関に行くのは乳歯が生えそろってからでも遅くはないと思います。
 
また、矯正治療が必要な場合は永久歯が生えてきてからでも遅くはありません。
 
それまでは規則正しい生活、バランスのとれたお食事、歯磨き等で虫歯を作らないように気をつけて下さい。
 
過度に心配することはありません。
 
適切な時期に適切な治療が行われればいくらでも歯並びは治せます。
 
 
また、ご質問があればご連絡をお待ち申し上げます。

ページのトップに戻る

裏側からの治療

質問以前、矯正を決意し、精密検査までうけましたが、
器具の見た目など悩んだ結果、途中で断念してしました。
上顎前突(でっぱ)です。
裏側からの治療を希望しています。

答え初めて矯正治療を行う場合はなかなか勇気のいることと思います。

舌側(裏側)矯正も以前と比べて装置が小型化されましたので、発音の問題や違和感も減ってきています。

最近ではSTbブラケットクリッピーL等の次世代の舌側(裏側)矯正装置も開発されてきています。

しかし、表側からのアプローチに比べて欠点も多いので、担当の矯正専門医によくご相談の上、装置の選択を行ってください。


ページのトップに戻る

歯のガタツキと前歯が目立つので治したい

質問:上下の歯並びが悪いのと、上の前歯が目立つのが気になっています。
前歯が大きく、笑った時に歯が出てしまうので気になります。
下の歯並びが凹凸になっていて、歯を閉じた時一部の歯が上の歯にかぶってしまいます。

身近に矯正をした人がいませんので、ネットにて体験談を検索してみましたが、顎の手術が必要だったり、痛みがある、食事が食べ辛い等ありましたので不安に思っています。
私の場合、手術は必要でしょうか。
また、治療期間や費用の目安を教えて頂ければと思っています。

答え: ○○様のお悩みは歯のガタツキと前歯の出っ張り感のようですね?

○○様ご自身は横顔で、口元の出っ張りとかが気になりますか?
また、いつもお口が閉じずらく前歯が見えている状態でしょうか?
前歯が出ていると前歯の先まで口唇の長さが足りずにお口が閉じずらかったり、前歯に合わせて口元も出てきますので必要に応じて矯正治療で前歯と口元を後退する事を検討して行きます。
前歯を後退するためにはそれに必要なスペースが必要になります。
顎を拡げてスペースを獲得したり、歯を抜いてスペースを作って矯正治療を行う場合があります。

精密検査(レントゲン撮影や歯型)を行っていないので正確な事は言えませんが、手術等の適応症例では無いと考えられます。手術(外科矯正)が必要な症状は上下の骨のズレが大きい場合です。


いずれにしても一度ご来院していただきご相談させていただければ幸いに存じます。

治療期間(動的矯正治療/歯を動かす期間)は一般的に1年~2年前後かかります。
費用は概略で60万円~70万円程かかります。(症状に応じて変わります。)

お痛みにつきましては日常生活に支障をきたす程のお痛みはありません。1ヶ月に一度の調整時に2~3日違和感を伴う事はあります。
しかし、我慢ができない程のお痛みはありませんし、もしも痛ければ矯正力を減弱してお痛みを和らげますのでお申し付けください。
お痛みは我慢するものではありません。痛いということは矯正力が強すぎることがありますので・・・
ご心配はいらないと思います。

装置を装着した直後はお食事が取りずらいことがありますが、時間とともに慣れてきますのでこれも心配ありません。

他にご質問等がありましたらお待ちしております。

ページのトップに戻る

開咬(かいこう)

質問: 開咬があり、上の前歯が前方に出ています。
経済的な理由から、すぐに矯正を始められるわけではないのですが、
だいたいの期間、費用、
抜歯についてなど聞きたいと思っています。

答え: ○○様が気になされている開咬ですが、一般的に前歯が噛み合わず垂直的に開いている状態を言います。

この場合、①前歯が前方に傾斜している、②あごの骨自体が変形している、③ ①と②の合併の場合が考えられます。


原因としては遺伝的な問題、歯のサイズとあごの大きさの不調和、舌癖(舌の使い方が悪い)、口呼吸、小さい時の指しゃぶりなどいろいろな事が考えられます。

開咬ですと上下の前歯が接触できませんので、物が前歯で噛み切れない、発音が不明瞭になりやすい、お口を閉じずらい(いつもお口が開いた状態)等の症状が表れます。
見た目以上に健康にも影響してきますので、矯正治療で改善されることをお勧めします。

治療期間は症状により異なりますが、大体1~2年前後になると思います。

抜歯につきましては症状の程度によって異なってきます。ただ、歯の大きさが大きかったり、あごが小さくガタツキがきつい場合、また上下のあごの骨のズレが大きい場合には抜歯治療の頻度が高まります。
ご相談時にある程度の抜歯の目安は分かりますので、一度ご来院していただいてお話をさせていただければありがたいと思います。

費用につきましては概略で60万円から70万円程かかります。(ただし、治療期間中(2~3年)に分割払い等も承っております。)
詳しくは大松矯正歯科クリニックのホームページhttp://www.4180.jpをご覧下さい。

 

ページのトップに戻る

口が閉じずらい、あごがカクンと鳴る

質問:あごの大きさに対して歯が、大きいのか気をつけていないと
口が開いた状態になってしまいます。
また、かみ合わせも良くないのか
口を開けるとあごがカクンと音をたてます。
年齢は、35歳です。
私の場合で、もし保険が適用できるのであれば
利用したいと考えています。
よろしくお願いします。

答え:リラックスした状態でお口が閉じずらいとの事ですが、

この場合前歯が前に出ているために、唇の長さが足りずにお口が開いた状態になっていると推測されます。


また、上あご・下あごの骨自体がお顔の中で前に位置すると前歯の傾斜がそんなに強くなくても歯が前方に位置することになり、お口が閉じずらい事が考えられます。

歯並びが悪いと上下のかみ合わせが不安定になり顎関節に負担が来て音がしたり(顎関節雑音/クリッキング)、お痛みが出ます。顎関節症になっている可能性もありますね。

矯正治療で十分改善できると思いますのでご安心下さい。

矯正料金の保険適応についてですが、現在適応されているのは1、唇顎口蓋裂2、先天性の疾患に起因した不正咬合(例えばダウン症、第一、第二偲弓症候群など)3、顎変形症です。

○○様が上記1、2の先天性疾患による不正咬合でなければ、3、顎変形症の範疇で対応していきますが、
この場合外科手術の適応が前提となります。
つまり3、の場合は不正咬合が骨格性の原因で矯正治療単独では改善できない症例になります。

一度お話をさせていただき、症状を拝見して見ないと手術が必要な症状なのか判断できません。

お時間がございましたら一度ご来院いただければ幸いです。(初診相談無料です。)


ページのトップに戻る

鼻で息ができない。口呼吸は矯正治療で治りますか?

質問:口呼吸が以前から気になっていて
色々やっていたのですが、
矯正をしたらそれも改善されるのでしょうか?

答え:お悩みの口呼吸の原因ですが、お鼻で呼吸できないことが大きな原因だと思われます。

通常、人間は鼻で呼吸することが普通とされています。
しかし、何かしら鼻やのどの疾患があると鼻呼吸ができなくなります。
例えばアレルギー性鼻炎、蓄膿症、アデノイド、扁桃腺肥大 、鼻中核湾曲症 etc...

ですから、耳鼻科関連の病気があるかどうかを確認して頂く事が必要です。

矯正治療関連では前歯が出ているためにお口が閉じずらく口で呼吸する癖が出ることがあります。

また、矯正治療で上顎を広げる処置を行うことで鼻腔も広がり、お鼻の通りが良くなることは多々あります。

一度ご来医院していただき、症状を確認しお話をさせていただければありがたいと思います。


その他歯並び、口元で気になることやお困りのことがありましたら何でもご相談ください。
お待ちしております。


ページのトップに戻る