歯並び相談室

皆様こんにちは!Dr.コウこと大松矯正歯科院長 高 大松(コウ ダイマツ)です。歯並びに関する疑問がございましたらお気軽にお聞かせ下さい!

いろんな歯並び Before After

デーモンシステムでの抜歯症例

こんにちは。
大松矯正歯科クリニックの高 大松("Dr コウ")です。
皆さん、お元気ですか?


デーモンシステムでも症例によって抜歯をしなければいけない場合があります。

○骨格性の問題が著しく大きい場合
○プロファイル(口元のバランス)を積極的に改善する必要がある場合
○前歯の傾斜が過度にきつい場合
○叢生が非常にきつい場合

などです。

ほとんどのケースで非抜歯治療が可能ですが、無理に非抜歯治療を行うとそのデメリットが発生することがあります。

抜歯治療が必要な症例の場合、患者さまと診断時に非抜歯で治療した場合と抜歯で治療した場合のそれぞれのメリットとデメリットをお話して、治療方針を決定して行きます。
最終決定は患者さまにして頂きます。


抜歯が必要な一例


20代 女性

骨格性上顎前突症(下顎骨の劣成長による)
前歯の前方への傾斜がきつい
そのため前歯の突出感がある(出っ歯の状態)
プロファイル:凸(とつ)型/お顔の中で口元が出ている感じ

%E5%B0%8F%E5%AE%A4%E6%9C%89%E5%8A%A01.jpg診断時の口腔内写真

%E5%B0%8F%E5%AE%A4%E6%9C%89%E5%8A%A02.jpg側方セファログラム


%E5%B0%8F%E5%AE%A4%E6%9C%89%E5%8A%A03.jpgプロフィログラム
赤:患者さまの骨格      黒:日本人女性の平均的骨格

症例の解説

一般的に『出っ歯』と呼ばれる症状ですが、その原因(成り立ち)が骨格性に由来したものです。


『出っ歯』
と呼ばれる症状は上の前歯が前方に突き出ている、歯が出ているイメージがあります。

しかし、症状によっては上の前歯の出っ張りがなくても、骨格性に原因がある場合に同じように『出っ歯』に見えることがあります。
骨格性の中にも上顎が大きいために骨自体がお顔の中で前に位置している場合や
その逆で下顎が小さいために上顎が前に出ているように見える場合があります。
また、上が少し大きくて、下が少し小さい両方に問題がある場合もあります。


この患者さまの場合、口腔内写真だけを見ると
『出っ歯』の原因が上の前歯の強い前方への傾斜によるものに見えますが


精密検査をしてみると下顎が小さいために上顎が前に出ているように見えます。
それも骨格性の問題が大きなウェイトを占めていることが判ります。


年齢的に骨の成長は見込めませんので、歯並びで骨格をカモフラージュする矯正治療を行うか
外科的手術を併用して下顎自体を前に移動する外科矯正のどちらかを選択します。

成長期前にご来院いただければ、成長を阻害している因子を矯正歯科的に取り除くことで成長を誘導することも可能でした。

今回、患者さまとご相談の結果、外科的な処置は回避して矯正治療単独で治すことになりました。

治療するにあたっては、骨のズレを歯並びで補正するためにやむを得ず上顎の歯を2本抜歯して対応することになりました。

通常、抜歯症例の場合上下左右対称的に歯を4本抜歯するのがルーティーンなやり方です。
この様なケースでは変則的に片側だけの歯を2本抜いて治療を行います。
(片側抜歯/へんがくばっし)


デーモンシステムでも原因によって抜歯をしないと患者さまのご希望している治療結果が得られないこともあります。


これから矯正治療をお受けになる方は治療前に主治医と治療の内容と治療のゴールについてとことん話し合ってから、よくご理解頂いてから治療をお受け下さい!

ページのトップに戻る

歯を抜くべきか?  抜かないべきか?

こんにちは。
大松矯正歯科クリニックの高 大松("Dr コウ")です。
皆さん、お元気ですか?

この症例は歯を抜くべきでしょうか?
抜かずに治すべきでしょうか?

%E6%BB%9D%E6%99%AF%E8%8A%B12.jpg治療前


%E6%BB%9D%E6%99%AF%E8%8A%B13.jpg

%E6%BB%9D%E6%99%AF%E8%8A%B14.jpg


%E6%BB%9D%E6%99%AF%E8%8A%B15.jpg

%E6%BB%9D%E6%99%AF%E8%8A%B16.jpg

○13歳 女性
○主訴(患者さまの気になるところ):八重歯
○上顎骨の劣成長の傾向
○歯冠幅径が大(歯の大きさが平均より大きい)
○正中線の不一致(上下の歯の真ん中が合っていない)

 
診断: 叢生並びに骨格性下顎前突(上顎骨の劣成長)

治療方針: デーモンシステムを用いて非抜歯にて叢生の改善を図る


これだけ叢生(歯のガタツキ)がきついと、デーモンシステムでも抜歯を選択してもおかしくありません。
もちろん、既存の矯正装置ならほとんどの場合抜歯が第一選択になります。

抜歯を行う理由は歯のガタツキを取るために顎の大きさに歯の大きさを合わせるため歯を抜く場合や顔貌(プロファイル/顔つき)を考慮して前歯の位置を後退させるために歯を抜く治療を選択することがあります。

既存の装置でも歯を抜かずに治すことは可能ですが、前歯が前方に傾斜(前突)してしまい尖がった口元を作ってしまいます。

%E6%BB%9D%E6%99%AF%E8%8A%B17.jpgデーモンシステム装着時

%E6%BB%9D%E6%99%AF%E8%8A%B18.jpg 開始3ヶ月

%E6%BB%9D%E6%99%AF%E8%8A%B19.jpg

%E6%BB%9D%E6%99%AF%E8%8A%B110.jpg

%E6%BB%9D%E6%99%AF%E8%8A%B111.jpg 装置撤去真近

%E6%BB%9D%E6%99%AF%E8%8A%B12.jpg%E6%BB%9D%E6%99%AF%E8%8A%B111.jpg
治療前                治療終了真近

非抜歯(歯を抜かずに)で終了できそうなところまで治って来ました。

前歯の前方への傾斜(前突)もあまり認められず、上下の歯の真ん中も合いました。(正中線)
顔貌(プロファイル)も良好で患者さまも大喜びです!

まだ、装置をはずしていませんので術後のレントゲン写真等で確認は出来ていませんが、
治療が完全に終了したら、術前・術後の比較をもっとしっかりとご提示したいと思います。

非抜歯でここまで出来るとは僕自身驚きの体験をさせて頂きました。


ページのトップに戻る

翼状捻転・開咬

こんにちは。
大松矯正歯科クリニックの高 大松("Dr コウ")です。
皆さん、お元気ですか?


前歯のガタツキが気になってご来院された18歳の女性です。

骨格性の開咬と前歯の叢生(翼状捻転)を伴っていました。
上下の前歯が咬合しないため、舌癖(ぜつへき)もあります。

デーモンシステムを用いて非抜歯で治療を行いました。


%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%A5%88%E3%80%85%E5%AD%901%E6%9C%88.jpg デーモンシステム装着時

%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%A5%88%E3%80%85%E5%AD%902%E6%9C%88.jpg 治療開始1ヶ月

%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%A5%88%E3%80%85%E5%AD%903%E6%9C%88.jpg 治療開始2ヶ月


%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%A5%88%E3%80%85%E5%AD%904%E6%9C%88.jpg 治療開始3ヶ月


%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%A5%88%E3%80%85%E5%AD%905%E6%9C%88.jpg 治療開始4ヶ月


%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%A5%88%E3%80%85%E5%AD%906%E6%9C%88.jpg 治療開始5ヶ月


%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%A5%88%E3%80%85%E5%AD%907%E6%9C%88.jpg 治療開始6ヶ月


%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%A5%88%E3%80%85%E5%AD%908%E6%9C%88.jpg 治療開始7ヶ月


%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%A5%88%E3%80%85%E5%AD%909%E6%9C%88.jpg 治療開始8ヶ月・エラスティック(顎間ゴム)開始


%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%A5%88%E3%80%85%E5%AD%9010%E6%9C%88.jpg治療開始9ヶ月


%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%A5%88%E3%80%85%E5%AD%9011%E6%9C%88.jpg 治療開始10ヶ月


%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%A5%88%E3%80%85%E5%AD%9012%E6%9C%88.jpg 治療終了・装置撤去時

10ヶ月の短期間で治療を終了することができました。
エラスティック(顎間ゴム)の効果も1ヶ月目から現れ、
骨格性の開咬も短期間で改善されました。

デーモンシステムによるローフリクション・ローフォースのおかげで、・エラスティック(顎間ゴム)の反応も他の装置よりも格段に高いようです。

この患者さまはラクロスのワールド・カップ選手です。
矯正治療中もワールド・カップの遠征で海外に何度も行かれてました。


%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%A5%88%E3%80%85%E5%AD%901%E6%9C%88.jpg     %E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%A5%88%E3%80%85%E5%AD%9012%E6%9C%88.jpg
治療スタート時                    治療終了時


前歯の咬み合わせが確立され(適正なover bite,over jet)、機能が回復したため舌癖も改善されました。
今のところ後戻りもありません。
特に筋機能療法(舌癖の改善のための訓練)は行いませんでした。

ページのトップに戻る

リセット矯正

こんにちは。
大松矯正歯科クリニックの高 大松("Dr コウ")です。
皆さん、お元気ですか?


本日、矯正治療を終了されたN.O様

N.O様は下の前歯のガタツキが気になってご来院された58歳のご婦人です。

初めは年齢的なもので矯正治療を躊躇されていましたが、大松矯正歯科クリニックにご来院され
デーモンシステムによるリセット矯正をお勧めしたところ安心して治療をお受け頂けました。

%E8%8D%BB%E5%8E%9F%EF%BC%91.jpg
リセット矯正開始前


%E8%8D%BB%E5%8E%9F%EF%BC%92.jpg
リセット矯正終了

矯正治療期間は11ヶ月。

患者さまも治療結果に大満足です。

これだけキレイに並べばプラークコントロール(歯ブラシ等)も容易で、歯も長持ちしますよね!
そしてなによりも美しい!!!


リセット矯正では、年齢に関係なくデーモンシステムで無理なく短期間に矯正歯科治療が行えるようになりました。
歯を支えている骨(歯槽骨)に負担が少なく、お痛みも感じずに無理なく患者様にとってより良い口腔内環境を実現できます。そのため歯が長持ちし、一生涯ご自分の歯を残せます。

特に中高年の患者さまで今まで使い込んできたお口(歯並び)を一度リセット矯正して、健康にそして美しく暮らしませんか!

リセット矯正をご希望の方は大松矯正歯科クリニックまでお問い合わせ下さい。

ページのトップに戻る

成長期の上顎前突症例(非抜歯)

こんにちは。
大松矯正歯科クリニックの高 大松("Dr コウ")です。
皆さん、お元気ですか?

成長期の男の子の上顎前突(出っ歯)症例です。

初診時年齢: 13歳5ヶ月
性別: 男
主訴(一番気になるところ): 前歯で物が噛めない、出っ歯

診断:骨格性上顎前突症(下顎骨の劣成長)と上顎前歯部の唇側傾斜

治療計画:デーモンシステムにて非抜歯にて上顎前歯部の唇側傾斜の改善
       並びに顎間ゴムを併用して下顎骨の成長を促す


と言うように専門的な用語を使うと上のような診断結果になります。

一般の方に解りやすく説明をすると・・・

大松矯正歯科クリニックに初めてご来院したこの患者さまの年齢が13歳5ヶ月で性別が男の子です。
ご来院した目的が『前歯で物が噛めない』と『出っ歯』を治したいとのことでした。
いろいろ精密検査をしたところ、原因は下あごの成長不良による上下の骨の大きさのアンバランスと上の前歯が前に強く傾いているためです。

治療の方法としてデーモンシステム(自然派矯正)を利用して、歯を抜かずに上の前歯を後ろに後退させます。
それとともに、この患者さまは成長期にありますので顎間ゴム(上下の歯にゴムを介在させて)を使って下あごを前に位置付けて骨のバランスを整えようとします。


%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%82%891.jpg治療前の口腔内写真

%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%82%892.jpg治療前のセファログラム

%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%82%893.jpg治療前のプロフィログラム
(黒:13歳日本人の平均  赤:患者さま)

%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%82%894.jpgデーモンシステムで治療開始


%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%82%895.jpg治療中


%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%82%896.jpg治療終了


%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%82%897.jpg治療後のセファログラム


%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%82%898.jpg治療前後のプロフィログラム
(黒:日本人/成人の平均  赤:術前の患者さま  青:術後の患者さま)

矯正治療を行っていなければ、成長とともに上下のあごのズレはもっと大きくなっていたことでしょう。
成長が終わってからの治療では抜歯治療が高い確立で必要になったと思います。


適切な時期に適切な矯正治療が行われれば、骨のバランスも整えられますし非抜歯(歯を抜かない治療)での治療の確立が高まります。

プロファイルも整って初めの出っ歯の面影も見当たりません・・・


ページのトップに戻る

歯を支える組織が変わる

歯並びが悪いと歯を支える組織:歯周組織(歯肉、骨)に問題がおきやすくなります。 歯と歯の間のすきまが大きいと、食べ物がダイレクトに歯ぐき(歯肉)にあたって歯ぐきを痛め、しいては歯ぐきの下の骨にまで影響を与えることがあります。 歯並びを良くすることで歯に対する歯ぐきや骨の厚みを変えることができます。 矯正治療で歯と歯ぐきの良好な関係が作れます。

※イメージ画像にマウスを合わせると、治療の前後の様子が分かります。

ページのトップに戻る

歯並びの変化

好ましくない歯並び(でこぼこ、がたがた)を良い位置に動かします。
見た目だけを治すのではなく、上下の歯がきちんと噛み合って機能するように歯を動かして行きます。

※イメージ画像にマウスを合わせると、治療の前後の様子が分かります。

好ましくない歯とは

1)叢生(八重歯、乱ぐい歯)
歯が重なり合ってでこぼこして、食べ物が停滞しやすく、見た目にも良くありません。

2) 上顎前突(出っ歯)
上の前歯が下の前歯に比べて前に出ている状態をいいます。
良く噛めないばかりか、顔の中で口元がとがった印象を与えます。

3)反対咬合(受け口)
下の前歯が上の前歯に比べて前に出ている状態をいいます。
良く噛めないばかりか、発音にも影響がでてきます。
しゃくれた顔の印象を与えます。

4) 開咬
奥歯は噛んでいても前歯が噛み合わない状態をいいます。
前歯で物を噛みきることができません。
発音もしずらく見た目にも良くありません。
くせ癖で(指をしゃぶる、舌を出す癖、鼻がつまって口で息をする)起こることが多いです。

5)空隙(すきっ歯)
隣合った歯の合間にすきまがあることをいいます。
歯は隣の歯とつながって連続性を持つことでお互いを支えあっています。
連続性がたたれると歯の寿命に影響をあたえたり、発音にも影響がでます。

ページのトップに戻る

顔の表情の変化

顔は人とコミュニケーションをとるための一つの道具です。
顔は「心の窓」という言い方があるように、顔を見ることでその人の感情、気分、精神状態を知ることができます。
顔の表情が良いと初対面の人にも好印象を与えることができます。
顔の半分を占める口元(歯並び)を治すことで、お顔全体の表情が変わります。

術前

上下の歯が前突しているため、口唇を閉じると顔全体に緊張感が現れます。

顔の表情の変化1顔の表情の変化2

術後

上下の歯の前突を治すことで、顔全体の緊張がとれて穏やかな顔になっています。

顔の表情の変化3顔の表情の変化4

ページのトップに戻る